壁塗装をしようと考えている人必見!施工に関する常識や知識が丸わかり!

このサイトでは、外壁トラブルなどで壁塗装を検討するにあたっての施工に関する知識や常識を紹介します。
それを知っておくことで、工事の失敗の予防につながります。
満足度の高い工事にするには、依頼する業者選びも重要です。
どのような業者が良いのか、見極め方を抑えましょう。
また悪徳業者に騙されないように、塗装に使う塗料の種類や特徴も把握しておきたいものです。
その上で、親身になって良い塗料を提案して丁寧に作業してくれる業者を選びたいものです。

壁塗装をしようと考えている人必見!施工に関する常識や知識が丸わかり!

壁塗装の施工をする際には、カラーシミュレーションをしてもらえる業者であれば安心です。
壁塗装は色選びで失敗する人も多いからです。
見本パネルだけで選ぶと、思ったよりも濃い仕上がりに感じるケースが見られます。
実際に塗った様子をシミュレーションして、納得のいくカラーに仕上げてもらいましょう。
施工例を見せてもらい希望の色を選ぶなどの方法もあります。
いずれにせよ、打ち合わせのときに親身になってくれる業者なら間違いありません。

壁塗装はどんな工程で工事をしていくの?

住宅は約10年を住宅設備のリフォームを検討する必要があるとされ、特に劣化が進みやすい外壁塗装や屋根塗装のメンテナンスが欠かせません。
今回壁塗装を初めて依頼するという方は、どのような工程で進めていくのか事前に流れを把握しておくとどんな工事が行われるのか、どれくらいの時間がかかるのか適切に把握することができます。
2階建て延べ床面積30坪=約100㎡の一般的な住宅の場合、壁塗装が完了するまでには工事開始から修了まで約2周間前後が目安となります。
壁塗装の工程としては、足場の仮設を半日かけて行い、高圧洗浄時の水しぶきや塗料の飛散を防ぐためにもメッシュシートで覆います。
加圧した水で住宅全体を洗浄し、外壁の下処理としてクラックや傷の下処理を行い、窓やドアに塗料が付着しないようにビニールやテープで養生を行ったら、外壁部分をシーラー・プライマーと呼ばれる塗料で下塗りし、色ムラや塗り残しがないか確認しながら中塗り、最後に上塗りを行えば外壁の塗替えは完了します。
住まいによっては付帯部の塗装を行い自社点検と最終仕上げを済ませ、足場の解体と撤去がすませれば完了です。

工事日数を知ってスケジュールを立てよう!壁塗装にかかる期間はどれくらい?

常に外にされされている状態の壁は、刺激によって劣化や風化してしまうので定期的なメンテナンスが重要です。
壁塗装は定期的に行うことで家の状態を良好に保つだけでなく、見た目の改善など多くのメリットを得る事が出来ます。
実際に壁塗装を業者に依頼した場合の期間ですが、スケジュールとして平均的な日数は7日程度と考えておくとよいです。
あくまでも平均であり家の大きさや壁の広さにより多少前後しますが、問題なく工期が進めば1週間程度で済む場合が多くあります。
ただし天候などに左右されるので、湿気が多い時期や雨が多い時期など場合によっては1カ月以上かかってしまう可能性も想定しておく事が必要です。
壁塗装をよりスケジュール通りに進めたい場合であれば、晴れの日が多い時期をあえて選ぶことで、急な雨による遅延などを回避する事が出来ます。
使用する塗料の特徴なども把握しながら、施工時期など考慮することで予定とおり壁塗装を行う事に繋がります。

なぜ工事の必要があるの?壁塗装をすることのメリットとは?

家を長く快適に暮らせるようにするのには、早めのメンテナンスを行うことが必須です。
特に家の外壁には日頃から紫外線や雨風などによって、強い負担がかかっていて劣化が進みやすい場所です。
劣化が進むと壁に塗られた塗料が剥がれ、亀裂が入りやすくなります。
亀裂が入った箇所から雨水が入り込むと、内部の柱が腐る原因となりそうなると壁だけの修繕では済まなくなってしまいます。
一般的に新築時から約10年を目処に、塗装を検討する必要があると言われていますが家を守る為には壁塗装をそれよりも早めに行う必要がある場合があります。
また壁塗装をするメリットとして、遮熱効果や防水効果を上げることも挙げられます。
壁塗装を行うことは見た目の美しさを維持する美観の観点からも、機能面の観点からも家の価値を守ることに繋がります。
壁塗装とは言っても塗料の種類は様々で、壁の状態や家が建てられている周辺環境によっても最適な塗料はそれぞれです。
壁の今の状態を調べて欲しいという人は、専門の業者へ一度相談をしてみるのをおすすめします。

壁塗装をするべきタイミングとは?

壁塗装は一般に10年に一度が目安といわれていますが、他にも検討に適したタイミングがあるのではないでしょうか。
目的を先に考えてみると分かりますが、壁塗装は経年で劣化して傷んだ壁を綺麗にしたり、ひび割れなど壁の性能に影響するダメージを修復することを目的とします。
つまり、壁塗装は塗装の劣化が著しい場合、ひび割れを始めとしたダメージが気になり始めた時が絶好のタイミングになるといえます。
劣化は例えば直射日光のあたる面が他の面よりも色が抜けていたり、粉っぽくなって近づいて見ると細かな亀裂が見られる場合が当てはまります。
ひび割れは大きなものだけでなく、小さくても雨水が流れて侵入しそうなものが該当します。
壁塗装をプロに依頼すると、現地調査によって詳しく状況が分析されますから、具体的な工事の検討材料になるはずです。
無料で相談できて見積もりも出してもらえることが多いので、壁の状態が気になったら迷わず相談するのが良いのではないでしょうか。

壁塗装とサイディングはどう違う?

"壁塗装とサイディングは一体何が違うのでしょうか。
外壁塗装の場合には、塗料を塗るのが基本となっています。
場合によっては、ひび割れ等をなくすことも目的としているわけです。
ひび割れが発生した場合には、そのまま放置しておくのは盛岡ありません。
そのため、この時壁塗装会社にお願いをすることにしましょう。
ではサイディングとは一体どのようなものかと言えば、単純に壁の素材になります。
外壁の塗装をする場合にはこれに対して塗料を塗ることが多くなります。
雇用を見る場合には、この素材になるケースもありますが、それ以外の素材の場合もあるかもしれません。
このように、1つは全く同じような種類の中全く別のものを考えて良いかもしれません。
通常壁の塗装をする場合には通常出てくる言葉になりますので、その点をよく理解しておくと良いかもしれないです。
ちなみにコンクリートの場合には、塗装をするケースはほとんどありません。
つまり鉄筋コンクリートの住宅の場合には、基本的に塗装業者が出てくる事はあまりありません。

外壁のヒビに壁塗装が有効な理由とは?

壁塗装は一般に10年に一度が目安といわれていますが、他にも検討に適したタイミングがあるのではないでしょうか。
目的を先に考えてみると分かりますが、壁塗装は経年で劣化して傷んだ壁を綺麗にしたり、ひび割れなど壁の性能に影響するダメージを修復することを目的とします。
つまり、壁塗装は塗装の劣化が著しい場合、ひび割れを始めとしたダメージが気になり始めた時が絶好のタイミングになるといえます。
劣化は例えば直射日光のあたる面が他の面よりも色が抜けていたり、粉っぽくなって近づいて見ると細かな亀裂が見られる場合が当てはまります。
ひび割れは大きなものだけでなく、小さくても雨水が流れて侵入しそうなものが該当します。
壁塗装をプロに依頼すると、現地調査によって詳しく状況が分析されますから、具体的な工事の検討材料になるはずです。
無料で相談できて見積もりも出してもらえることが多いので、壁の状態が気になったら迷わず相談するのが良いのではないでしょうか。

壁塗装にベストなシーズンってあるの?

"日本には4つの季節がありますが、この季節によって外壁塗装工事が最もふさわしい自然とそうでないシーズンがあることを知っておきましょう。
もしこれから外壁塗装する場合には、最も良い時期を選ぶことが必要になります。
基本的に、塗装をする場合には雨はあまり良くありませんので、雨がよく降る6月から7月は避けた方が良いです。
北海道は、梅雨の時期がないため特に下げる必要はないです 塗装する場合には、気温が重要なことを知っておくと良いかもしれません。
塗料は、温度が低すぎると固まってなかなか広がりません。
そのためすごく時間がかかってしまう可能性があります。
特に気温が5度以下のときには、うまく伸びないと考えて良いです。
これに対して気温が高い時も、同様に塗料が柔らかくなってしまい使い勝手が悪くなります。
薄い塗装しかすることができず、もう一度塗り直をしなければいけないといった手間がかかるかもしれません。
そうすると、8月などはできるだけ避けた方が良い時期といえます。
ベストシーズンがどこかと言えば、なかなか難しいところですが春や秋のどちらかが選ばれる可能性が高くなります。

壁塗装は何年おきにするのがベストなの?

"家は時間の経過と共に劣化してくるため、長く住み続けるためには定期的なメンテナンスが必要です。
特に壁は雨風にさらされて劣化しやすい箇所なので、特に気を付けるべきところになります。
壁塗装は何年おきにするべきかというと、10年から15年おきにするのがベストです。
家の中とは環境が違うことをしっかり認識しないといけません。
15年以上経過しても何も対処しない方がいますが、それでは家の寿命を短くしてしまいます。
壁塗装の業者も様々なところがあるため、よく比較してクオリティの高いところを選ぶことが重要です。
どこも同じに見えるかもしれませんが、比較してみると技術力やアフターメンテナンス、対応力などに差があります。
費用の安さだけで決める選び方は避けた方がいいです。
安く抑えたい考えは理解できますが、安く抑えることよりもトラブルなく壁塗装をすることを重視するべきです。
実際に利用した人の意見も参考にして、信頼できる業者に依頼してください。

中古住宅を壁塗装して新築のように見せるコツ

中古住宅は築年数によって見た目がかなり左右されますが、壁塗装をすることで新築のように見せられるのではないでしょうか。
壁塗装は室内と外壁の2種類がありますが、いずれも塗装を塗り替えることによって基本的に綺麗になります。
ただ、中古住宅は壁そのものも経年で変化したり傷んでいるので、まずは下地をしっかり作ることが大事です。
下地が綺麗に整えられていれば、壁塗装も密着して綺麗に仕上がりますから、文字通り新築のように見えます。
下地作りが全てを決めると言っても過言ではないので、ここは手を抜かず、一番時間を掛けるつもりで臨むことが大切です。
穴が開いていれば埋める、凸凹しているところは平らに均すなど、下地を整えることが壁塗装の重要な鍵を握ります。
後は下塗りや中塗り、上塗りと段階的に塗っていくわけですが、1つ1つの段階に時間を掛けることも重要です。
完成を急いで早く次の工程に進んでしまうと、塗料が十分に密着しないトラブルが発生しますから、綺麗に仕上げたいなら焦らないことがポイントとなるのではないでしょうか。